妊活中に、豆乳は「摂った方がいい」と言う意見と、「摂らない方がいい」という意見があります。同じ豆乳なのにどうしてだろうと思い、調べてみました。
すると、どうやら「イソフラボン」が関係しているようです。




イソフラボンは豆乳に多く含まれる成分として有名です。

イソフラボンは女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。
エストロゲンの主な働きとしては

子宮膜を厚くする
受精卵の着床を助ける
卵胞の成長を助ける

が挙げられます。

エストロゲンと全く同じとはいえませんが、イソフラボンも同じような働きをしてくれるんだそうです。そのため、妊活中に豆乳は摂ったほうがいいと言われているんですね。


豆乳なんて今やコンビニでも手に入るし、安価なのでどんどこ飲んじゃいそうですが、ちょっとお待ちを!!


どんなにいいモノも過剰に摂り過ぎると逆効果になってしまうこともあります。それは豆乳にも言えること。例えばイソフラボンは子宮膜を厚くしてくれますが、過剰に摂取することで、子宮膜が厚くなりすぎてしまい、子宮内膜症の要因になりかねないのだそうです。また、そこまでいかないまでも、不妊の原因となりうる場合があるとのこと。

飲み過ぎ注意!!!

ちなみに適正な量としてはコップ2杯が目安とされています。一日にそれを超える量を摂取している人は気をつけたほうが良さそうです。


結論として、豆乳は

過剰に摂取するのはNG!
1日に適正な摂取量はコップ2杯程度!
量を守れば妊活の大きな手助けになってくれる!


ということです。



最後に、これは私事なんですが、自分は豆乳のクセのある味は苦手だったりします。きっと同じように感じている人もいると思います。・・・いや、むしろ結構多いんじゃないかって感じてもいます。

好きな方なら別ですが、苦手な方は無理してまで飲まなくてもいいんじゃないでしょうか。ストレスになっちゃうし。豆乳なんかより、「葉酸」の方がよっぽど体に良いです。厚労省も太鼓判を押してるので安心ですしね。

このサイトのトップページにて「葉酸」の「サプリメント」をランキング形式で紹介しているので、興味のある方や豆乳が嫌いな方は覗いていってみてください。


トップページ【葉酸サプリメントランキング】