妊活中の男性には精のつく食事を食べてもらいたいですね。

不規則な生活を強いられる現代社会、
当然「精子」にも影響が出てしまいます。

無精子症や乏精子症などがその最たる例です!


できるなら生活習慣も徐々に改善していきたいところですが
なかなか難しい人もいると思います。

ならば、せめて食事には気を使っていきたいという思いがあります。



男性において、

「精がつく」と言われている栄養素を紹介していきます。

これからの妊活料理(男性向け)の参考にしていただけたらうれしいです♪


【亜鉛】
多く含む食材:牡蠣 帆立 牛肉 レバー 納豆など
効果効能:「セックスミネラル」と言われているくらい、精子の生成や運動に効果があるようです。効率よく摂取するために、ビタミンCも一緒に摂るといいと言われています。

【アルギニン】
多く含む食材:ナッツ類 大豆 玄米 牛乳など
効果効能:最も期待できるのが「生殖機能の増強」と言われています。精力剤にはほとんど配合されています。

【ビタミンE】
多く含む食材:アーモンド 落花生 油脂類(オリーブオイルやひまわり油など) 魚卵類(いくらやたらこなど) 青魚など
効果効能:「精子運動率が上がる」「精子数が増える」と言われています。また、生殖機能の衰えにも効果があるようです。

【ビタミンB群】
多く含む食材:マグロ レバー 牛乳 卵など
効果効能:特にB6、B12が重要と言われています。B群単体というよりは、様々な栄養素のサポート的な役割といったところのようです。



トップページで紹介している葉酸サプリには上記の栄養素も含まれています。
こちらも参考にしてみてくださいね♪

トップページへ